読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

たとえ5年後に億万長者になっていたとしても、家庭が崩壊していたら何の意味があるだろう?

書籍 思考 レビュー

スポンサーリンク

 

 

   f:id:MedicalAppNavi:20150430225054j:plain

 

たとえ5年後に億万長者になっていたとしても、家庭が崩壊していたら何の意味があるだろう?

 

 

 

これは「5(ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?」

という本に書いてあった言葉です。

 

 

 

 

「たとえ5年後に億万長者になっていたとしても、

家庭が崩壊していたら何の意味があるだろう?」

 


あなたはどう思いますか?

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

 

私は単純に

「お金があっても家庭が崩壊してたら意味ない」と思ってしまいます。

 

もちろん、お金があるに越したことはないのですが…

 

家庭も省みずがむしゃらに働いて、

お金は残ったけど、家族は残らなかった…とはなりたくないです。

 

がむしゃらに働く時期も必要だと思いますが、

家庭をないがしろにしてても、いい仕事はできない!

そう思います。

 

ワークライフバランという言葉が注目されていますが、

ほんとにバランスなんですよね。

 

家庭がうまくいっているときは仕事もうまくいくし、

家庭がうまくいっていないときは仕事もうまくいかない。

そんな気がします。

 

ただ、家庭<お金って人もいるかもしれません。


あなたはどう思いますか?

 

改めて価値観を見直すきっかけになりそうです。

 

 

5 (ファイブ)  5年後、あなたはどこにいるのだろう?

5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?

 

 

 

スポンサーリンク