わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

いびきでお困りの方…もしかしたら病気かもしれません

スポンサーリンク

 

いびきでお困りの方はいませんか?

 

自分のいびきだけでなく、

家族のいびきで困っている、

知り合いにいびきがすごい人がいる

 

など、お悩みの方はいませんか?

 

最近、いびきで病院を受診する方も増えているようです。

 

いびきは、うるさくて周りに迷惑を掛けるだけではなく、

病気の可能性もあります。

 

その一つが睡眠時無呼吸症候群という病気です。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)net によると、

 

睡眠時無呼吸症候群とは、

文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、

SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。

無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、

この状態が7時間に30回以上、

あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。

 

とのこと。

また、治療については、CPAPと呼ばれるものが一般的なようです。

CPAPとは、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、

ある一定の圧力を気道にかける方法です。

Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとってCPAP(シーパップ)と呼ばれ、

いまや睡眠時無呼吸症候群(SAS)のもっとも重要な治療法となっています。

 

しかし、このCPAPでは、睡眠中にコードやホースが付いたマスクを装着しなければならず、正直寝心地が良さそうには見えません。

 

それを改善したものが、

「Airing」というデバイスです。

 

このデバイスは非常にコンパクトなだけではなく、

従来のCPAPで問題となっていたホースやコードがついていません!

 

睡眠時無呼吸症候群の方は、

この「Airing」で快適な睡眠を実現できるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

スポンサーリンク