わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

注射の失敗がなくなる!?画期的なデバイス「VeinViewer」

スポンサーリンク

 

インフルエンザの季節が近づいてきました。

 

今年はワクチンが高くなったということで、

予防接種をしない方も増えるかもしれませんね。

 

さて、そんな予防接種に使われる注射ですが、

「注射が嫌い」そんな方、多いのではないでしょうか?

 

そんな注射の負担が、軽減されるかもしれないデバイスが

 「VeinViewer」です。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

 

「VeinViewer」とは?

 

「VeinViewer」は、注射をしたい部分に赤外線を当てることで、

血管を映し出すことができるデバイスです。

 

このデバイスによって、

「血管がどこにあるかわからない」

「間違って血管を外してしまった」

 

ということを防ぐことができ、

注射のやり直しがなくなることが期待できます。

 

冒頭でお話ししたワクチンは皮下注射になるので、

血管の位置は関係ありませんが…

健康診断での採血などは楽になりますね。

 

 

改良が重ねられ、現在は小型化に成功し、

手に持って操作が可能とのことです。

 

一般的に広まれば、注射の失敗は激減すると考えられます。

 

技術の進歩はすごいですね!

一般的になるのが楽しみです。

 

 

「VeinViewer」

http://medicalappnavi.com/2015/10/taityou-veinviewer/

 

スポンサーリンク