わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

「あひるの空」から考える応援したくなる”こだわり”とは?

スポンサーリンク

 

 

バスケ漫画といえば、「スラムダンク」ですよね。

それに次ぐバスケ漫画が「あひるの空」です。

(ぼくは、そう思ってます)

 

「あひるの空」は現在も連載中の漫画で

巻を重ねていくごとに、

応援したくなる気持ちが強くなってきました。

 

その理由が、作者の「こだわり」です。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

「あひるの空」のこだわりとは?

 

自分自身があまり、こだわりがないからなのか、

ぼくは、こだわりが強い人に、憧れみたいなものがあります。

 

特に「あひるの空」は、

作者のこだわりがバシバシ感じられるので、

応援したくなるんですよね。

 

例えば、

電子書籍化しないとか、

最終回を先に読ませるとか

 

他の漫画ではやらないことを、

この漫画は「こだわり」として、やってるんです。

 

正直、電子書籍化にしろ、最終回を先に読ませるにしろ、

作者には、そこまでメリットはないと思います。

 

むしろ、周囲との調整で苦労しそうです。

 

ですが、あえてそれをやるってのが、

「こだわり」なんでしょうね。

 

ちなみに、

電子書籍化しない、最終回を先に読ませる

というのは、どちらも、単行本の巻末に書いてあったことです。

 

押し通すには、いろんな苦労があったと思いますし、

それによる弊害というかそういうのもあると思います。

 

それを覚悟の上で、やるってのはすごいし、

軸がしっかりしてないとできないことです。

 

何かしら、そういう

「こだわり」って人を惹きつけるんだな、と思いました。

 

真似しようにも出来ませんが。

 

何かしら「こだわり」をもとう、という話しでした。

 

 

あひるの空 1~最新巻(講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS ) [マーケットプレイス コミックセット]

 

スポンサーリンク