読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

MRのドクターへのさまざまな面談法(現役MRのブログ)

スポンサーリンク

 

f:id:MedicalAppNavi:20160106161716j:plain

 

現役MRのブログシリーズとして、今回はMRがドクターに面談する方法を紹介します。

 
ドクターへの面談法はいくつかありますが、大きく「開業医・クリニックのドクターへの面談法」と「病院ドクターへの面談法」の2つに分けられます。
 

 

 
※MRって何?という方はこちらをご覧ください。 

クリニックなど開業医との面談法

開業医の面談法でも、面談時間が決まっているか・決まっていないかで変わります。
 

【面談時間が決まっていない場合】

面談時間が特に決まっていない場合は、診療中、患者さんが途切れたタイミングで面談可能
例えば、11:00ごろや16:00ごろ
(ただし、ドクターにこの時間でいいのか確認した方が賢明、本来は面談時間を決めていることもあるため)
 

【面談時間が決まっている場合】

面談時間が決まっている場合は、その時間に合わせた面談になります。
例えば、午前診療後(12:30〜)、午後診療前(15:00前)、午前診療後(18:30〜)
などと時間帯が決まっている場合や、
時間帯+曜日指定(木曜以外18:00、水曜12:00のみ)などがあります。
 
他にも、アポイント面談などがあります。
 
 

病院のドクターへの面談法

 
病院のドクターへの面談は、訪問ルールがあるか・ないかで異なります。
 

【訪問ルールがない場合の面談法】

病院の場合、ドクターがいる医局という部屋があるので、訪問ルールがなければ、その医局でドクターを見つけて面談することになります。
昔はこういった面談法が普通だったようですが、今はセキュリティの問題もあり、こういった面談法はすくなくなっています。
 

【訪問ルールがある場合の面談法】

訪問ルールもさまざまですが、医局に入ってはいけないという場合、医局前廊下などで待って、通ったタイミングで話しかけることになります。
 
また、時間指定があれば、その時間しか医局前廊下にいれなくなります。
例えば、16:00〜17:00の間のみなど
最近では、訪問規制が厳しくなり、こういった病院が増えています。
 
さらに、完全アポイント制といって、ドクターから何日の何時に面談できるという約束をもらわないと、訪問してはいけないという厳しいところもあります。
アポイントの方法としては、医局秘書さんを通したり、ドクターのアドレスを知っていれば、直接メールをしたり、という方法があります。
一番会うハードルが高い面談法でが、面談できればゆっくりドクターと話せるチャンスです。
 
 

MRの1日の面談の流れ

 
MRのドクターへの面談法を1日の流れでまとめると…
 
開業医担当であれば、
 
11:00〜12:00(診療中)2軒
 
12:00〜13:00 (午前診療後)2軒
 
14:30〜15:30 (午後診療前)2軒
 
16:00〜18:00 (診療中)3軒
 
18:00〜19:00 (午後診療後)2軒
 
というパターンが多いですかね。
 
 
病院だと変則で訪問規制やアポイントに合わせた面談になります。
 
11:00〜13:00(訪問規制なし)
 
13:30〜14:00(訪問規制あり)
 
16:00〜17:00(訪問規制あり・アポイント)
 
17:00〜20:00(訪問規制あり)
 
 
一概にこれだけではありませんが、オーソドックスなMRの1日の面談の流れはこんな感じです。
 
ということで今回は、MRのドクターへの面談法をまとめてみました。
 
MRは、ドクターと会えないと仕事にならないので、いかに面談機会を創出するかが重要です。
そのためには、会いたいと思われる必要があります。
「会いたいMRになるための工夫」に関しては、また改めて記事にしたいと思います。
 
また、こちらの書籍はそういう「会いたいMRになるための工夫」が凝縮されているのでオススメです。

 

ドクターは、そう考えないよ ~ドクターとMRのギャップを埋める10枚の処方せん~

ドクターは、そう考えないよ ~ドクターとMRのギャップを埋める10枚の処方せん~

  • 作者: 染谷貴志,川越満,ユート・ブレーン
  • 出版社/メーカー: セジデム・ストラテジックデータ
  • 発売日: 2012/01/27
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 
 
 
こちらの記事も合わせてどうぞ 
 
スポンサーリンク