読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

MRは一般的な営業とは違う?(現役MRのブログ)

現役MRのブログ

スポンサーリンク

 

f:id:MedicalAppNavi:20160120231728j:plain

 
 現役MRのブログ!
今回は「MRは一般的な営業とは違う?」についてです。 
 
MRは、営業ではありますが、一般的な営業とは異なり、価格交渉と納品は行いません。
 
例えば、車の営業は、値引きなども担当者が対応しますが、MRはそれをしません。
というか、してはいけません。
 
 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

MRが価格交渉をしてはいけない理由

 
その理由は、健康関連製品を取り扱ってるためです。
 
医薬品のなかには、患者さんの生命に関わるようなものもあるので、
「価格を下げるから、うちの製品を使ってほしい」とか、
「もっと安くすれば、使う」など価格で使う医薬品を決められると、患者さんに影響が出ます。
 
そのため、MRは価格交渉をしてはいけないと、業界のルールとして決められています。
 
 

価格交渉は誰がする?

MRは価格交渉をしてはいけない、ということでしたが、医薬品を使うには、納入価を決めなければなりません。
 
では、価格交渉は誰がするのか?ということになりますが、それは卸店と呼ばれる、別の会社が行っております。
 
卸店は、製薬会社と、医療機関の間で製品を卸す役割があります。
 
製薬会社は、直接 、医療機関には製品を納入せず、卸店を経由します。
 
 
 イメージ図

f:id:MedicalAppNavi:20160120225715p:plain

 
 
卸店は、各メーカーから医薬品を仕入れて、それを医療機関に納入する役割をもっていて、価格交渉は、卸店の営業担当者が行うことになります。
ちなみに、卸店の営業担当をMS(Marketing Specialist)といいます。
 
ということで、MRは価格の話しをしない・してはいけない、ということになります。
 
 
この価格交渉と納品は他の営業職では当たり前かもしれませんが、MRの場合それがないので、一般的な営業とは異なると言えるかもしれません。
 
 
他の業界から、MRに転職される方が口を揃えて言うのが、「MRは一般的な営業とは違う」ということです。
そのため、MRから他の営業になると大変、という話しも聞きます。
そう考えると、つぶしが効きにくい職業かもしれませんね。 
  
 
ということで、今回は一般的な営業とMRの違いを紹介しました。
 
 
合わせてどうぞ!
 
スポンサーリンク