読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

カビをキレイにする方法を実践してみたら本当にキレイになった

レビュー 雑学

スポンサーリンク

カビってお風呂場だけと思ってましたが、そんなことないんですね。
わが家は賃貸のマンションですが、壁の隅っこに黒いものが!
まさかのカビでした…
 

 

 
こんな感じ…
 
f:id:MedicalAppNavi:20160315195817j:image
 
 
うげーと思いながら、このサイトを参考にカビをキレイにする方法を実践してみました。
 
 
 

しかし、頑固で根が深いところまで達しているカビには、カビキラーを塗布したキッチンペーパーを張り付け、その上からラップで包んでしまいます。

こうやって半日放置しましょう。

 

 ここでは、お風呂場でのものでしたが、勝手に壁に応用してみました。

 
 
スポンサーリンク
 

 

 
 

壁のカビをキレイにする方法

 
用意するものは、カビキラー、ラップ、キッチンペーパー、ゴム手袋、テープ

 

カビキラー 本体 400g

カビキラー 本体 400g

 

 

 
 
方法は簡単。
 
カビの場所にカビキラーをかけて、キッチンペーパーで覆って、さらにラップで覆うだけ。
壁だと、ラップが貼り付かなかったので、テープで固定しました。
 
あとは放置するだけ、大体、半日が目安のようです。
※きちんと換気しながらやりましょう。
 
 

カビをキレイにする方法実際にやってみた結果

実際にやってみた結果、キレイになりました!
実際の写真がこちら
 
このカビを
 
 f:id:MedicalAppNavi:20160315195817j:image
 
 
 
カビキラーをかけて、キッチンペーパーとラップで覆って、
 
 f:id:MedicalAppNavi:20160315195826j:image
 
 半日放置した結果
 
 f:id:MedicalAppNavi:20160315195835j:image
 
 キレイになりました!
 
 
 
さらに別の場所も…
 
 f:id:MedicalAppNavi:20160315195844j:image
 
こうなりました!
 
 f:id:MedicalAppNavi:20160315195859j:image
 
 
もし、頑固なカビでお困りの方、是非、お試し下さい。
 
  
 
※実践するときはカビキラーの注意事項を読んで自己責任でお願いします。
 
 

 

カビキラー 本体 400g

カビキラー 本体 400g

 

 

 
スポンサーリンク