わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

エコノミークラス症候群に注意!対策をまとめました!

スポンサーリンク

エコノミークラス症候群の対策をまとめました!

 

 

エコノミークラス症候群とは?

下肢が圧迫されてうっ血状態となり、血栓が生じることにより発症します。この血栓が肺に詰まってしまうことを「肺塞栓症」と言います。この2つを合わせて「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」と言います。

 エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)を予防しよう|大塚製薬

 

エコノミークラス症候群といい、飛行機のエコノミークラスなど、狭い空間に同じ体制で状時間過ごした時に生じやすいことから、このように呼ばれます。下腿(かたい。膝から下)などの細い静脈の中で、血のかたまりができ、それが移動して肺の血管に詰まって呼吸困難になった病態のことをいいます。

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の症状・原因・治療【Doctors Me】

 

飛行機のエコノミークラスで旅行すると、長時間狭い椅子に座ったままの状態を強いられることが多く、足の血液の流れが悪くなり、静脈の中に血の塊(静脈血栓)ができることがあります。この静脈血栓は歩行などをきっかけに足の血管から離れ、血液の流れに乗って肺に到着し、肺の動脈を閉塞してしまいます。これがエコノミークラス症候群です。

[46] 急性肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)の話 | 血管・血液 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

 

 

エコノミークラス症候群の対策とは?

基本的に

  1. 足を動かすこと
  2. 水分を取ること
  3. ゆったりした服を着る

ぐらいしか対策はないようです…

 

(2)機内で行える旅行者血栓症の予防対策
  • 着席中でも足の運動を積極的にしましょう。
    1 足を上下につま先立ちする 2 つま先を引き上げる 3 ふくらはぎを軽くもむ
  • 時々深呼吸をしましょう。
  • 適度な水分を取りましょう。
  • アルコールは飲みすぎないようにしましょう。
  • ゆったりとした服装で搭乗してください。

旅行者血栓症の初期症状:大腿から下の脚の発赤・腫脹・痛み
このような症状が発生したら、躊躇せず病院で受診してください。

JAL - 飛行中 インフライト体操(快適な空の旅のために)

 

 

足のマッサージをしましょう!
長時間座位による血液の循環状態悪化、特に下肢の循環悪化を回避するには、適切な運動や下肢の循環を良好にするマッサージが有効で、血栓の予防にもなります。
適切な水分摂取は必須!
血液粘度の上昇を惹起する脱水を防ぐためには水分の適切な摂取が必要ですが、ビールなど利尿作用のある飲料ではむしろ脱水が助長されます。

旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)の原因と予防法|大塚製薬

 

≪足を動かす≫
とにかく、足を動かして血流を良好に保つことが必要です。
エコノミークラスで、8時間以上のフライトをした場合に発症する可能性が高まると言われています。
じっと同じ体勢で過ごすことが発症の原因になりますから、海外旅行などで長時間飛行機に乗る場合は、こまめにトイレに行って体を動かしたり、足を組み替えたりして下肢を動かすようにしましょう。靴を脱いで、自分の両方の足の指でじゃんけんをするように動かすと、血栓の予防に効果的であるとも言われています。

≪水分を意識して摂る≫
脱水で血液が濃くなると血栓を生じやすいため、機内では意識して水分をとるようにしましょう。
トイレが気になるからと水分を摂らないのは非常に危険です。キャビンアテンダントさんが飲み物を頻繁に配りに来るのは、エコノミークラス症候群を予防するためでもあります。飲み物を持ってきてくれたら、断らずにいただくといいですね。

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の症状・原因・治療【Doctors Me】

 

 

 

エコノミークラス症候群の予防法は

(1)航空機で長時間の旅行中、十分な水分を摂取する一方、脱水を招くアルコールやコーヒーを控えること

(2)足を上下に動かすなど適度な運動を行うこと、とされています。

席から出にくく、トイレに立つのもおっくうになりやすい窓側より、すぐに立って歩ける通路側の席にするのも予防のこつです。

[46] 急性肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)の話 | 血管・血液 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

 

 

スポンサーリンク