わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

Evernoteとの併用でスケジュールアプリ「ジョルテ」を無料で使い倒す方法

スポンサーリンク

f:id:MedicalAppNavi:20160518231202p:image

 
こんにちは!メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。
今回は、Evernoteとジョルテの連携についての工夫をお話しします。
 
ばくは、スケジュール管理をアナログ手帳とデジタル手帳の両方で行っていて、アナログ手帳は「ぼぼ日手帳」
 
デジタル手帳はではスケジュールアプリ「ジョルテ」を使用しています。
 
参考記事
  
アナログとデジタルで管理していると混乱しそうですが、使い分けることで、混乱どころか、むしろ、効率よくスケジュール管理できるようになりました!
 
使い分けとして、「ほぼ日手帳」は主に現在〜未来のスケジュール管理に利用し、「ジョルテ」では、過去〜現在までのスケジュールを見返せるようにしています。
この使い分けの最大のメリットは、デジタル手帳、アナログ手帳それぞれの欠点を補えること!
 
 
 

 

スポンサーリンク
 

 

 

デジタル手帳とアナログ手帳の使い分けは欠点を補い合える

 
以前までスケジュール管理は、一括で行うのがベストだと思ってました。
デジタル手帳とアナログ手帳の両方で管理すると必ず、記入漏れや転記ミスなど出てきますからね。それが嫌だったんです。
そんなこともあって、長いことアナログ手帳(ほぼ日手帳)のみで管理していました。
 
…が、もちろんアナログ手帳にも欠点があります。
それは、持ち運びできるのには限度があり、出先などで過去の出来事を見返せないということ。手帳を2冊も持ち歩くのは大変ですからね。
1冊の手帳だと見返せてもせいぜい1年前が限度ってとこでしょうか…
 
逆にデジタル手帳だと、過去を見返すのには優れています。
データが残っている限り、何年先でも見返すことが可能。しかも持ち物はスマホのみでオッケー。
ただし、デジタルのデメリットは、スマホありきなのでバッテリーの問題、先の予定が管理しにくい、手書きのような自由度がないということ。
 
両方のメリット、デメリットを考えて、アナログ手帳に一括で管理という方法がベストだと今まで思ってましたが、試行錯誤をしているうちに、アナログ手帳とデジタル手帳を両方使えば、それぞれの欠点を補えるのでは?と思いつきました。
 
ただ、さっきも書きましたが、両方使うと、漏れが出そうなので、使い分けのルールを明確にすること!これを徹底!
 
ベースはアナログ手帳で管理し、終わった予定のみデジタル手帳に転記
 
このルールを徹底することで、うまく管理できるようになりました。
しかも、過去の予定の検索は、圧倒的にデジタル手帳が優れているので、重宝してます。
 
 

Evernoteとジョルテの併用でさらに管理しやすくなる

 
で、欲張りなぼくは最近、アナログ手帳に書いたメモなども、ジョルテで見返せるようにできないかな?と考えていました。
 
どういうことかというと会議時のメモや、研修のメモなどはアナログ手帳(ほぼ日手帳)にすべて集約していたので、これも1年経つと持ち運ばなくなり、見返せなくなってしまうので…それをいつでも見返せるようにできないかなー?と考えていました。
 
そこで、まず思いついたのが、ジョルテの【日記】という機能!
ジョルテには【日記】という項目があるので、そこに写真として入れようと考えました!
ただプレミアムじゃないと同期できず、その端末でしか確認できないようだったので、泣く泣く断念!
 
 

f:id:MedicalAppNavi:20160518231158p:image

 
【日記】に写真として保存しても、保存した端末でしか確認できませんでした… 

f:id:MedicalAppNavi:20160518231152p:image

 
【追記2016/10/27】
写真だと保存した端末しか確認できず、共有されないと書きましたが、共有できました!失礼しました。これで下記の作業は必要なく共有できます。
 
 
 
そこで、次に思いついたのがEvernoteとの連携
連携といっても、ちゃんとした連携ではなく、リンクを介して確認するという方法です。
どういうことかというと、ジョルテは主に過去の出来事を確認するために使っているので、例えば、会議の議事録やメモなどを、まずEvernoteに保存(メモを写真として保存するだけ)
 
そして、この内容をジョルテから確認できるようにリンクを作成します。
 
そのリンクをジョルテの「内容」に貼り付ければ、リンクを介してEvernoteに保存したメモが見れる
 
という方法です。
我ながらナイスアイディア。
 
ただ文字だけじゃわかりにくいので、画像を使って詳細を紹介します。
 
まずは、リンク作成の方法は、Evernoteに保存したメモの画面で3つの丸ポチをクリック
  

f:id:MedicalAppNavi:20160518231109p:image

 
 「共有」をクリック

f:id:MedicalAppNavi:20160518231114p:image

 リンクをコピーを選択

f:id:MedicalAppNavi:20160518231118p:image

 
 公開か非公開かを選択

f:id:MedicalAppNavi:20160518231124p:image

 
これでURLがコピーされました。
 
ちなみに、「公開」にしていると、URLがわかってしまうと、誰でも見ることこができるので注意が必要です。
 
そして、ジョルテでは、その出来事があった日を選んで先ほどコピーしたURLを貼り付ければオッケーです。
 
ジョルテの画面で日にちを選択

f:id:MedicalAppNavi:20160518231130j:image

 
 
 「内容」にリンクをコピペ

f:id:MedicalAppNavi:20160518231142p:image

 
リンクが表示されれば完了!

f:id:MedicalAppNavi:20160518231147p:image

 
 
試しにこのコピペされたリンクをクリックすると…
 

f:id:MedicalAppNavi:20160518231135p:image

 
このように表示されます。
 
これで、ジョルテからアナログ手帳の過去のメモなども見返すことができるようになりました。
 
ということで、デジタル手帳とアナログ手帳の使い分けと、Evernoteとジョルテの活用法を紹介しました。
 
 
最後までお付き合いありがとうございました。
 

 

Evernote

Evernote

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

medicalappnavi.hatenablog.com

 

medicalappnavi.hatenablog.com

 

medicalappnavi.hatenablog.com

 

medicalappnavi.hatenablog.com

 

medicalappnavi.hatenablog.com

 

medicalappnavi.hatenablog.com

 

medicalappnavi.hatenablog.com

 

スポンサーリンク