わくわくワークライフBlog

現役MRの「仕事」も「私生活」もワクワクするためのブログ

「手帳術」って雑誌を見るとついつい購入してしまうので、「わたしの手帳術」をまとめてみた

スポンサーリンク

 

f:id:MedicalAppNavi:20151210233107j:plain

 

毎年、年末から年明けにかけて、本屋さんに「手帳術」など手帳関連の雑誌が並びますよね。

 

自称、文房具マニアとしては、「手帳」ってワードを見ると、ついつい手を伸ばしてしまいます。

 

何かしら新しいアイディアはないかなー?

と思いながら読んでますが、大抵、内容は同じようなもんなんですよね。

 

わかってはいるけど、買わずにはいられません。

 

 

わたしの手帳術

 

ということで、流行りにのって、気になる手帳術に関して、自分の使い方をまとめてみました。

 

題して「わたしの手帳術」です。

(ちなみに手帳はほぼ日手帳WEEKSを愛用しています)

 

 

 

 

 

「わたしの手帳術」のポイントは3つ

  • 予定だけでなくTodoをすべて月間カレンダーに記入!
  • 終わったToDoは消す
  • 過去の予定はスケジュール管理アプリ「ジョルテ」に転記

 

 

予定だけでなくToDoをすべて月間カレンダーに記入!

 

手帳の使い方のポイントひとつ目は、

予定だけでなくTodoをすべて月間カレンダーに記入することです。

 

月間予定と週間予定が書ける手帳を使っていて、

以前は、週間予定にその週にやるべきこと(ToDo)を書いていたのですが、

そうすると2週間先、3週間先の予定が見にくくなってしまい、うまくいきませんでした。

 

そこで、月間カレンダーにやること(ToDo)を記入していくようにして、

1か月分を俯瞰して見れるようにしました。

 

例えば、

12月29日に提出の資料Aがあるとします。

 

その場合、

12月29日(締切日)に「資料A〆切」と書いておきます。

 

さらに、

12月22日(締切日1週間前)に「資料Aやる」

と書いておきます。

 

f:id:MedicalAppNavi:20151210232115j:plain

※画像はイメージです。本来は手書きですが…

 

 

こうすることで、早めに取りかかれ、直前で焦るってことはなくなります。

 

以前だと、月間予定には、「〆切」しか記入していませんでしたが、

今は、その締切に間に合うようにToDoを記入してます。

 

 

終わったToDoは消す

 

ふたつめのポイントは、

終わったToDoを消す、です。

 

先ほどの状態だと、ToDoの完了・未完了がわからないので、

ToDoが完了すれば塗りつぶす。

ということをしてます。

 

これをすることによって、未完了のToDoがパッと見で確認できます。

 

さらに、塗りつぶしは、緑色のペンと決めています。

緑であれば、終わったあとも、何をやったのか見えるからです。

あと、4色ペンだと緑って減らないから、ちょうどいいんですよね。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

過去の予定はスケジュール管理アプリ「ジョルテ」に転記

 

3つ目のポイントは、

終わった予定は、ジョルテという手帳アプリに転記するということです。

 

スマホが普及して、アプリでスケジュール管理をする人が増えています。

たしかに、一度入力すればデータが残るし、持ち運びも便利ですが、

個人的に手帳はアナログ派です。

 

仕事の関係もありますが、今回紹介しているように手帳を使ってるので、アナログで手書きの方がしっくりきます。

 

デジタルでアナログを補う

 

とはいえ、アナログだと、過去を遡るのに限界があります。

せいぜい1年前ぐらいしか、すぐには確認できません。

 

このように過去の予定を確認できないのが、アナログ手帳のネックだったので、スケジュール管理アプリに頼ることにしました。

 

具体的には、スケジュール管理アプリ「ジョルテ」を使って、過去の予定を入力しています。

 

ジョルテ-カレンダー&システム手帳・ウィジェット・日記・無料 - Google Play の Android アプリ

 

 

こうすると、アプリで過去の予定も見えるので、アナログ手帳の弱点を補えます。

 

アナログ、デジタルの両方使いだと、混乱しそうでイヤだったんですが、アプリには過去の予定のみを入れると、使い分けを明確にすることで、今のところ混乱はしてません。

 

ちなみに、ToDoは完了すれば終わるので、アプリには入れてません。

 

 

いかがでしたでしょうか、

 

「わたしの手帳術」

 

少しでも参考になれば嬉しいです。 

 

ほぼ日 手帳 2016 WEEKS ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日 手帳 2016 WEEKS ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー

 

 

スポンサーリンク